幸せな結婚は快適な夫婦生活から

妻の務め

妻の務め

妻の務め

男性の性欲は、家庭だけでなく高齢者をも脅かす可能性があります。匿名の高齢者女性に、バイアグラの到来が、性的に若返った夫と、覚悟のできていない女性がいるというのです。

 

活発な性生活が終わってホッとしているのに、自分のパートナーがバイアグラを飲むことになったら、どれだけ多くの女性があっけにとられることになるでしょうか?

 

バイアグラは一部の男性を若返らせましたが、女はまだ覚悟ができていない。

 

バイアグラは高齢者の生活にどのような影響を及ぼしましたか?という質問に対する答えとして、2番目に多かったのが、快楽よりも危険を強調するものだった。相手との関係に照らしてみた場合、バイアグラは女性の情緒的健康に対するリスクがあるのではないかと懸念を表明するものでした。

 

変わりつつある夫婦関係と性についてのしきたりと義務との関連で、バイアグラの話をしている女性の言葉を引用しますと、彼女他たちは、昔ながらの結婚生活の決まりや、夫婦の務めについての考え方を批評し、これに対応するためにバイアグラを使っている。

 

バイアグラのデビューから2か月後、ニューヨーク・タイムズでは、「バイアグラの情緒的波及効果に直面して」という報告を行い、バイアグラさえなければ葬り去られたはずの夫婦の不和がさらけ出されてしまう過程について述べました。

 

この記事は同月すでに掲載されていました。「家庭の壊し屋としてバイアグラを見る夫婦もいます。」というタイトル記事にこたえて書かれました。そして、新たな性的重圧が時として離婚や不倫を引き起こすなどの関係への破壊的副作用を含む、バイアグラが夫婦の健康に及ぼす危険を強調しています。

 

バイアグラが希望を意味しようと危険を意味しようと、このような製品の存在と、その利用に続く性的重圧の増大が、夫婦としての義務と性の務めに関する女性の荒田は懸念を引き起こしているのです。相手の男性を喜ばせるための女の義務と自らが思っている事柄との関連で、バイアグラについて話しています。

 

「私のいい人は、バイアグラを使っています。だからって、私たちは式状況ではありません。楽しんでいるのです。もちろん。それに、あの人だって素敵だからバイアグラを飲まないでとは言えない。相手が何を求めているのかわかったから、少しは譲らなければならないこともあるから、でも二度ばかり、あの人が青い光を見たことがあって、それはちょっと問題だと感じています。でも、バイアグラは確かに男の人の助けにはなると思います。若いころ、性行為はタブーでした。でも、今はずいぶん変わってきました。年がら年中、その話をしているから、人生は分かち合いと、お付き合いだから、性行為の話ばかりでもないです。でも男がやりたがっているときには、女性も少しぐらいは努力しないと。」



ホーム RSS購読 サイトマップ