幸せな結婚は快適な夫婦生活から

幸せな結婚は快適な夫婦生活から

幸せな結婚は快適な夫婦生活から

幸せな結婚は快適な夫婦生活

日本人の3組に1組は離婚するといわれています、そんな中でも快適に夫婦生活を送っておられるご夫婦もたくさんおられることも事実です。

 

夫婦円満のコツとは一体何なのでしょう?全くの他人が同じ空間で生活を共にするのですから、細かなことまで持ち出せば様々な障害があることでしょう。

 

まず離婚してしまった語風の、離婚理由について調べてみると、一番多いのが生活の不一致だそうです。これは一緒に住み始めてから「こんな性格の人だったとは」と後悔し始めるというのです。

 

さらに驚くべきことにこのケースで離婚するご夫婦は、両方共がそう思ってしまうことにあります。

 

これは離婚することにメリットを感じる社会環境がそうさせるのかもしれませんね。シングルマザーにとって補助金などを支給する市町村もあるようです。2000年以前ではこのような制度は今のように整っていなかったので、それが離婚を思いとどまらせる抑止力になっていたのかもしれません。

 

そのほかには性生活の不一致などが挙げられます。実は日本は世界有終の性生活をしない国ということでナンバーワンとなってしまいました。海外のほかの国では性生活の回数は日本人の倍以上が平均値です。

 

これは、日本人の社会環境が原因であるともいわれています。仕事を持つ人のほとんどがその人生を仕事に費やしているのです。そのために、人間の環境ホルモンが変化して、性欲が衰えてきているといわれています。

 

問題とされる不妊の原因もこのような環境の変化によるホルモンバランスの乱れからくるものだとも言われています。

 

少子化の問題も離婚の問題も一気に解決するためには、夫婦の性生活を充実させることです。そうすれば、夫婦関係は円満になるし、少子化問題も改善されるのです。

 

性生活の充実と夫婦生活

 

その性生活を充実させるにはどのようにすればいいのでしょうか?日本人は性に関することをしゃべるときに下ネタといって、程度の低い会話だと思われがちですが、海外では性に関する議論はたとえ夫婦間であっても盛んにおこなわれています。

 

人間の欲望の中には性欲が含まれます。これは、生物をして活動するのに必要な欲望なのです。

 

性欲が満足なら、欲求が満たされている状態なので、ストレスもなく、ホルモンバランスも正常に保たれ、健康な状態です。

夫婦は性生活を充実さるために、サプリメントや医薬品

海外のご夫婦は性生活を充実さるために、サプリメントや医薬品を利用していることがとても多いです。有名な商品としてはバイアグラなどが挙げられます。

 

国内ではまだ販売されていませんが、海外では女性用バイアグラもあり、多くのカップルが利用して性生活を充実させています。

 

さらにはこれらのジェネリック医薬品なども販売されていて、とてもリーズナブルな価格で購入することができます。
海外の話なので、日本では関係ないと思われるかもしれませんが、実は個人的に海外の医薬品を輸入することは認められている商品に限り可能です。

 

バイアグラ

もちろんバイアグラもそれに含まれています。日本人のバイアグラに持つイメージはあまりいいものではありません。それは、服用して死亡したケースを知っているからです。

 

もちろん事実ですが、報道された内容は結果だけで、その真実を伝えられていないのです。それは、バイアグラを服用すると必ず、悪影響が出る人があり、日本での死亡事故のケースは全くそれに当てはまるのです。

 

バイアグラを飲んで悪影響が出る人は、心臓などに持病があり硝酸塩系の薬を常備薬として使用している人です。この人がバイアグラを服用すると、必ず低血圧症を起こし、かなり危険な状態になります。このことは、バイアグラの販売元であるファイザー社も販売開始時から告知していましたが、報道でこの部分は大々的に放送されることはいまだにありません。

 

これらの事実が報道されないまま、日本ではバイアグラのイメージが定着してしまいました。さらに、日本人の文化が性生活に積極的になることをいけないことだということと相まって、今の少子化問題や離婚の増加問題などを引き起こしているのです。

 

妻とはもう性行為をしないと考える

 

性行為

不景気からか、新婚生活から家計の切りつめを計画的にこなしていこうとする女性が増えています。もちろん、悪いことではないのですが、そのしわ寄せが亭主に行くことがほとんどのケースの様です。

 

マイホームを建てるためという目標を持って行動しているので、亭主側としては意見をさしはさみにくい。1か月3万円の小遣いすら、仕分けの対象となっている男性は多いのではないでしょうか?

 

結婚する前は、妻との共同生活に胸をおどらせていたのですが、いざ蓋を開けてみるとこれほどまでに過酷な生活が待っているのかと、公開し続けているのです。

 

このような生活環境が、夫婦の性生活にも大きな影響を及ぼしているのです。節約がモットーの妻は、性行為の後にどうせシャワーを浴びるなら、性行為前にシャワーをすると水道代がもったいない。性行為の後のティッシュの枚数にまで口を出す始末です。

 

これでは男性のやる気が起こらないのも無理はありません。EDということが原因なのではなく、生活環境から、妻と性行為に及ぶということが楽しいことではなくなってしまっているのです。

 

一昔前の男性なら、口答えする女房をひっぱたくという感覚もあったのでしょうが、今の男性たちにはそのような気概はありません。

 

このように、若者のセックスレスは深刻な状態となっています。この男性の場合も、ほかの女性との性行為は考えることができるのですが、まず、その代償が頭の中に浮かぶようで、行動を起こそうとは考えられないようですね。

 

お役立ちサイトのご紹介

 

カテエネ登録で電気代が節約に【キャンペーン情報でお得】⇒カテエネ登録.jp

 

やまどうぐレンタル屋|登山用品のレンタル【ネット申し込み・予約】

 


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ